スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリフォー スキーム おさらい

時々間違ってしまうストラテジーとスキームのVP獲得方法と注意点をメモ。

Distract(double)
Distractするのも外すのもインタラクトアクション。インタラクトアクションはエンゲージされている場合は、そのモデル以外を対象にしない場合はできない。だから2つのモデルのエンゲージした状態ではDistractすることはできない修正 できるのが正しい。VPを得るには2体いる必要があり、コンディションを終了させる必要はない。
ピオンのモデルはDistractできない。

Breakthrough(マスク)
withinなので、完全にスキームマーカーが6インチ以内に入っている必要はない。

Assassinate(クロー)
on or before 4なので4ターン以内であれば3VP。5ターン目以降なら2VP。4ターン目よく間違える。

Protect Territory(トゥーム)
デプロイメントゾーンから少なくとも6インチ離れていないといけないので、6インチにかかる形でスキームマーカーを置いてはだめ。妨害される条件はエンゲージではなく、スキームマーカーの2インチ以内にいる敵モデルが自分以上か多い場合。

Bodyguard(ラム)
公開するのをよく忘れる。
このゲームは切り上げなのでウーンズ9の場合は5ウーンズ必要。

Cursed Object(1)
Distractと同じ注意点があてはまる。
VPを得るには1体のコンディションを終了させる。

Outflank(2)
センターラインの端から3インチ。モデルはセンターラインにかかっている必要がある。
妨害されるのはエンゲージされてたら。

Plant Evidence(3)
VPはテレイン毎に得られる。スキームマーカー毎ではない。
テレイン配置で対象が少ないと得られるVPに上限がでてくる。

Entourage(4)
withinではなくINなところが気になる。完全にはいっている必要はないのか?
※後で調べる。

VENDETTA(5)
書き留めたモデルの最初の攻撃がどのモデルかを注意。公開し忘れることがある。

Plant Explosives(6)
スキームマーカー毎ではなく、敵モデル毎にVPを得る。1つのスキームマーカーで3VP得ることもできる。
ピオンのモデルでもよい。

Make Them Suffer(7)
リーダーかヘンチマンがミニオンかピオンをキルすると1VP。
じゃあミニオン入れなきゃいいじゃーんって思っていると、ミニオンとピオンがいないと2ターン目以降1VP入るので3VPを献上してしまう。編成に注意。毎ターン1VPしかこのスキームからは得られないので、最後のミニオンを倒したとしても全滅のVPが入るのは次ターンから。

Deliver a Message(8)
they are engaged がインタラクトアクションの条件なのでメレーレンジで距離が決まる。

Take Prisoner(9)
捕まえる条件は距離ではなくengaged

Spring the Trap(10)
VPはスキームマーカーだけでなく、その時のモデル数によって追加の1VPが得られる。ただし、少なくとも1点は得ないと追加の1VPはもらえない。0個のスキームマーカーという考えはだめ。

Murder Protege(11)
ヘンチマンよりSSコスト高いエンフォーサーがいることあるよ。
アップグレードとマーセナリーのコストはカウントしない。

Frame For Murder(12)
suckerに選ぶ条件はピオンではない。マスターもヘンチマンも指定できる。
before 4でonがついているBodyguardと違って3ターン以内だと追加のVP

Power Ritual(13)
withinなので、スキームマーカーは6インチに完全に入る必要はない。
自分のコーナーは1個だけカウントできる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。