スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリフォー マスター&クルーボックス紹介 ギルド ルシウス

ギルド:バウンド・バイ・ロウ
ソウルストーン 31SS CACHE4

マスター ルシウス

ルシウスは支援系のマスターです。
Commanding Presenceの能力は歩くだけでミニオンにアクションをさせることができ、擬似的にクルー内のAPを増やすことができます。対象はホラーデュエルをしなくてはいけませんが、ロイヤーは周囲のWpデュエルに+フリップをあたえるため成功しやすくなります。ただし、ホラーデュエルなのでブラックジョーカーを引いた瞬間パラライズで1回お休みになってしまいます。注意しましょう。注意点としては1回ホラーデュエルに成功してしまうと同じターン内はホラーデュエルを無視してしまうので、1度この能力で動かしたモデルを同一ターンに再度この能力で動かすことはできません。
Issue CommandはルシウスのAPでミニオンに1アクションを行わせる能力です。フォーカスをつけたり、インタラクトアクションがおまけについたり、ディフェンシブスタンスがついたりと強力です。
What Lckeys Are For はスキームマーカーを置いて10インチの味方のモデルと位置を交換する(厳密にいうと違う)能力です。これによりエンゲージされててもルシウスはスキームマーカーをおくことができるし、簡単に敵のエンゲージから逃げることもできます。フレンドリーモデルを対象にとれるので強力な味方のピースキーパーやライル、エグゼキューショナーあたりを一気に前線に運ぶこともできます。ルシウスは対象の位置に移動するので安全に運べます。
強力な敵に接近戦を狙われてて逃げられない場合は、さきにルシウスもしくはスクライブで攻撃してRed Tapeのコンディションを付けてしまいましょう。
狙われた場合はHighest Authorityの能力でマイナスフリップをつけて、かつ近くにスクライブがいればルシウスのDfは7なので早々死にはしないでしょう。ロイヤーにHard to Woundsを付けて貰うのも手です。
アップグレードは敵のスキームマーカーを自分のものにするものがユニークでずるくて最高です。ガーズマン、ミミックモデルを雇えるようになるのも編成の幅が広がります。

ヘンチマンのダシェルもこれまた支援系のヘンチマンです。周囲のガーズマンモデルはとても4ssと思えない攻撃を繰り広げることができます。コンディションとかでどうせ死ぬミニオンはReactivateでこきつかってしまうのも手です。
ギルドガードは単体では弱いですが、味方のギルドガードがいるとDfが2あがります。なるべく近くにいたいですが、ブラスト攻撃には気をつけましょう。射撃のトリガ-のHaltが常に発動できて地味に相手の手札を削れるので、なるべくこのターンまだアクティベートしてないモデルを狙いたいところです。相手の手札が悪そうならばMenaceでホラーデュエルをしかけるのも手です。このコストでホラーデュエルがしかけられるのは破格です。
ロイヤーは周囲のモデルのWpをサポートしつつ、Hard to Woundsをつけるのが役割です。Special Damageも嫌がらせには向いているのですが、敵リーダーは対象にできない点に注意しましょう。やっかいなヘンチマン、エンフォーサーは+2ぐらい載せとけばかなり相手は困ります。ちなみにロイヤーもMimicなため、スクライブからのDf+1の恩恵を受けれます。Df7でHard to woundsをつければHighest Authorityもあるので攻撃にはかなり耐えれるでしょう。

ルシウスはミニオンをこき使ってなんぼのマスターなので、ルシウスは生きつつかつ味方のミニオンも生かしておく必要があります。初期BOXや低ポイントだと少し数が減ると支援先がなくなるためちょっと辛いというのが正直なところです。特にマリフォーはじめてでこのBOXとかだと勝てるまで時間がかかるかもしれません。まずはガーズマンモデルを追加しつつ、パンチのあるヘンチマン、エンフォーサーを追加したいところです。
使いこなすとかなり強いマスターではありますが、ルシウスは得意なスキーム苦手なスキームがすごくハッキリしています。マリフォーはストラテジースキームをみて編成を決めれるので、苦手なスキームには別のマスターを使うというのも選択肢のひとつです。
スポンサーサイト

マリフォー マスター&クルーボックス紹介 テンサンダー&ギルド ルーカス

レリックハンター
ソウルストーン 25SS CACHE2

マスター ルーカス マキュビー

ルーカスは2つの大きな特徴があります。1つは騎乗と徒歩の2種類のモデルで構成される珍しいモデルです。騎乗の状態から倒されると徒歩のモデルになります。PPゲーのドラグーンみたいなモデルです。自分から降りることもでき、ゲームの処理としては騎乗のルーカスを除き、徒歩のルーカスを召喚する処理になります。召喚されるのでSlowコンディションを持ちますが、そのターンにもう2AP動くことができまることは覚えておきましょう。
2つ目の特徴はアップグレードを味方に自由自在につけることができます。能力はそのままではありませんが、味方につけ、倒されるとそのアップグレードを回収できます。配置等をみて好きな味方につけることができるため柔軟性があります。あちこちに移動しなくてはいけませんが、騎乗時はマリフォー最強のWk7の移動力があります。
攻撃面は直接相手を倒すというよりは射撃でSlowコンディションをふりまき敵にやりたいことをやらせないスタイルのマスターです。
同梱のクルーとしてはトーテムのルナがかなり優秀です。機動力があるミニオンのためVP獲得にも貢献できます。またルナはハウンドモデルからインシグニフィカント(シナリオ達成のアクションが行えない)を無効にする能力もあるので、ギルドハウンドを買うのもありです。ルーカスはBlack SheepとGuardsmanならばファクションを問わず雇える能力があり、ギルドハウンドGuardsmanのため無駄にはなりません。
同梱のクルーはすべてテンサンダーでもありギルドでもあるデュアルファクションのモデルとなっています。ギルドで拡張していくもよし、テンサンダーで拡張してもよしなBOXです。

マリフォー マスター&クルーボックス紹介 ネバーボーン パンドラ

ノーシェルター・ヒア
ソウルストーン クルー36SS CACHE3

パンドラ 操作系魔女

パッと見強そうにはみえませんが、かなり強力なマスターです。パンドラはDf3ですが、Wpを代わりにを使えるため7。攻撃はアップグレードを除けばRst:Wpのみです。近接攻撃も射撃も相手の攻撃力でダメージを与えます。そのため、相手の攻撃力が強くかつWPが低い相手は簡単に葬ることができます。またInciteで相手のアクティベーションを操作することもできます。
同梱のソローやパンドラの近くでWpデュエルに失敗するとダメージが入ります。そうするとパンドラのInciteすら攻撃魔法に早変わりです。ソローは相手をパラライズにする攻撃ももっているので、動きを封じたところを囲みWpデュエルを挑み倒すといった動きが基本になるでしょうか。
BOXに入っているポルターガイストはPeonではないためインタラクトアクションができることを忘れないようにしましょう。

マリフォー マスター&クルーボックス紹介 テンサンダー&ネバーボン ヤコブ

ダーク・ダッツ
ソウルストーン クルー21SS CACHE1

マスター ヤコブ

ヤコブはサポートのマスターで手札に関わる能力が豊富です。またBrillianceという魔法のドラッグあるいは洗脳のようなものを相手に与えます。Brillianceの状態になった敵に対しては味方の攻撃力があがります。またBrillianceがふえると補助能力もまたパワーアップします。ヤコブ自身は攻撃面はそんなに強くないのですが、ヘンチマンのハンギングダークネスはコストゼロで攻撃力が高いため弱点を補強してくれます。むしろ分業制になってて強い。ダークネスはWD7のインコーポリアルで敵に近距離で攻撃すると回復できる能力があるためかなりタフです。
ヤコブのアップグレードにも手札に関わるものや、ダークネスを倒しても他のBRILLIANCEのモデルを倒すとまたダークネス出現する能力、ヤコブ自体の能力をあげるものがあります。
BOXに同梱されているミニオンはBRILLIANCEをもつイルミネーティッドで近距離攻撃、遠距離攻撃、再生とアーマー、0アクションのヒールも持つというバランスの取れた能力を持っています。BRILLIANCEを持つ敵に対してはダメージが4/6/7とミニオン最強の攻撃を繰り出せます。
クルーBOX全体としてはヤコブが手札を整え、ヤコブをふくめた全員で敵にBRILLIANCEをつけ、そこを攻撃していく、といった動きになるでしょうか。
ヤコブはDARKENEDをもつクルーを雇え、さらにデュアルファンクション(テンサンダー、ネバーボーン)のため編成の幅は広いです。BOXはダークネスが0コストのためソウルストーン21と低めになっています。Lureをもつベッコナーあたりを買っておくと戦い方が広がると思います。

オルク覚書

6版初プレイをしてきましたので、オルク覚え書きを残しておきます。

■HQ
・ウォーボス
 ウチのウォーボスはバイクに乗っているので、耐6です。最早ドレッドノートも怖くない!

・ビッグメク
 ショックアタックガンは前より強くなったような気がします。使ったことないですが。
 カスタムフォースフィールドは前より弱くなりましたが、とはいえまだまだ強力じゃないかと。

・ウィアードボウイ
 使ったことないので割愛。ぼちぼち使ってみたいですが、6版的にはどうなんでしょ。

■トループ
・ボウイ スラッガ
 射撃される回数が増えたのと、前から倒れていくルール、強行軍のルール変更により突撃しにくくなりました。前から倒れていくので突撃までに4体ほど倒れると8インチぐらいトータルで必要になります。またトラックで乗り付けても12体フルで殴れない場合もあります。そして極めつけは猛突撃の敏+1がなくなったため、マリーンに先に殴られるようになりました。マリーンに突撃したのにウルフに突撃したような状態になりました。ちょっとつら目。

・ボウイ シューター
 射撃できる回数が増えたのと、MVルールに変わったことにより射程が伸びました。警戒射撃もバカにできないため、非常に強力です。バトルワゴンで乗り付けたいです。ノブパワークロウボスポールは必須ですね。

・グレッチェン
 元々確保要員だったためあまり変更はありません。警戒射撃でラッキーパンチが1回増えました。

・アードボウイ
 シューターにしてもボウイにしても射撃される回数は増えたので防4にする価値は前より増えたのでは。

■エリート
・ノブ
 徒歩ノブとしてはダメージの分配がしにくくなったのでちょっと辛目。まぁ、これは他のアーミーもなので問題ないですが。痛みを知らぬものの強化によりペインボウイの価値があがりました。後はノブバイカーが非常に強力になったんではないかと。

・メガノブ
 パワーウェポンの弱体化により防2は強くなったんじゃないかと。後コンビスコーチャーは偉い。

・ルーター
 ハルポイントにより跳弾を狙えて、玉数が多いルーターは強くなったんではないかと。

・バナーボウイ
 警戒射撃がかなり強力なので強くなったんではないかと。

・コマンド
 使ったことないので評価保留。

■ファスト
・デフコプタ
 耐5になって即死しにくくなったのは偉いですね。ただサブミッションの絡みで1体特攻はしにくくなりました。

・バギー
 ハルポイント2は辛いですが、ロキットで外から狙っていくのは悪くないかと。でも多分つらい。

・バイカー
 ラスキャノンで即死しにくくなりましたが、カバーセーブが5に下がりました。接近戦では1ターン目は強いのですが、2ターン目以降はとたんによわくなるのは相変わらず。

・ストームボウイ
 ボウイと同時突撃して警戒射撃を散らすとか役割は前より増えた気がします。スペキャラは相変わらず強力ですね。

・ダッカジェット
 使った事ないですが、非常に今欲しいです。地上の射撃戦を支援するダッカジェットが2個ほど欲しいです><
 
■ヘビー
・アーティラリー
 強くなったと評判ですが、まだ試せていないため保留。

・キラーカーン
 カーンウォールとはいったい・・・・うごごごご

・デフドレッド
 ウォーカーはもうちょっと救済処置入ると思ったんですがねぇ。。。

・バトルワゴン
 跳弾で壊れやすくなったため、手数が多いというかネクロンにはあっさり壊されます。デフローラーは相変わらず強力なので、KFFも弱体化しましたが、まだまだ使っていけるかと。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。